医療法人慶生会 ひぐち歯科クリニック

お問い合わせ
072-646-8445
  小児歯科

■授乳と薬について①

歯の治療や口腔外科の治療の際に「授乳中なので薬は飲めません」とおっしゃる患者様がいらっしゃいます。歯科で処方する薬で最も多いのは抗生物質と消炎鎮痛剤であり、これらは数回もしくは数日間だけ服用する性質の薬です。これらは治療の必要上服用する必要性の高いものであり、授乳中だからと我慢するのは望ましくありません。

お母さんが飲んだ薬は母乳中にも移行し赤ちゃんの体の中にも入っていきます。しかし、母乳に移行する薬はかなり薄められており、赤ちゃんに悪い影響が出ることは一部の例外を除いてありません。抗生物質や消炎鎮痛剤は赤ちゃんにも飲ませることのある薬であり(大人より量は少なくしてですが)、少々母乳に入っていても問題にはなりません。

 
口臭外来|大阪府 茨木市 ひぐち歯科クリニック

page top

page top

 診療科目
 メニュー

医療法人 慶生会
ひぐち歯科クリニック
〒567-0817
大阪府茨木市別院町3-34
サンワビル2F
Tel : 072-646-8445


Copyright (c)
HIGUCHI DENTAL CLINIC Med Co