医療法人慶生会 ひぐち歯科クリニック

お問い合わせ
072-646-8445
  小児歯科

■子供と口臭②

子供は3歳までに舌や唇、口の周囲の筋肉(口輪筋、頬筋)を鍛える訓練をしていないと口の閉鎖が不十分となり、鼻ではなく口を使って呼吸を行うようになってしまいます。そして、この口呼吸が乳幼児期・学童期を通して子供の口臭の最大の原因となっているのです。

口呼吸によって口腔内が乾燥すると、生理的口臭の増強された状態が続くことになり、口臭がきっかけとなっていじめが起こるケースもあるため、注意が必要です。この場合には、口臭への対応とともにいじめの本質的な問題の究明、そして本人の心のケアの「3つの対応」が求められます。

また、かぜをひいている時やお腹をこわしている時にも口臭は強くなります。その他、歯磨きがおろそかになると、虫歯や歯周病などが発生し口臭に結びつくこともあるため、食生活や歯磨き習慣にも気をつけましょう。

ところで、口呼吸の弊害は口臭のみに留まりません。口呼吸によって口腔内が乾燥すると、のどや鼻が弱くなって耳鼻科領域の器官の発達が未熟となり、慢性的な耳鼻科アレルギーや喘息、アトピーなどを誘発する危険性があります。また、頭脳の発達への悪影響も示唆されているため、早期に鼻呼吸へ転換する必要性があります。従って、小児歯科で適切な生活指導と専門的な口腔衛生指導を受けることが肝心です。

 

page top

page top

 診療科目
 メニュー

医療法人 慶生会
ひぐち歯科クリニック
〒567-0817
大阪府茨木市別院町3-34
サンワビル2F
Tel : 072-646-8445


Copyright (c)
HIGUCHI DENTAL CLINIC Med Co