医療法人慶生会 ひぐち歯科クリニック

お問い合わせ
072-646-8445
  小児歯科

■治療内容

虫歯とは、口腔内に棲息する様々な細菌が歯に付着して酸を生成することにより、歯を溶かした(歯のカルシウム分が溶け出した=脱灰した)状態のことをいいます。通常この現象はお口の中のpHが5.5以下の強い酸性状態になった場合に起こります。

お口の中も含めて人間の体はpH7前後の中性状態に保たれていますが、食事を摂ったり飲み物を飲んだ後はpHが急激に低下し、5.5以下の酸性状態となります。この状態が続くと歯が脱灰されて虫歯ができてしまうのですが、幸いなことに唾液には緩衝作用(酸性やアルカリ性の状態を中性に変化させて保つ働き)があり、飲食後の酸性状態を速やかに中性状態へと戻してくれます。見方を変えると、虫歯の進行は唾液の量や緩衝能力といった個人の体質に左右され、大きな差が生じるということができます。

食事による口の中の酸性化と中性への回復(ステファンカーブ)

 

page top

page top

 診療科目
 メニュー

医療法人 慶生会
ひぐち歯科クリニック
〒567-0817
大阪府茨木市別院町3-34
サンワビル2F
Tel : 072-646-8445


Copyright (c)
HIGUCHI DENTAL CLINIC Med Co