医療法人慶生会 ひぐち歯科クリニック

お問い合わせ
072-646-8445
 口臭外来

■第3回 口鼻臭臨床研究会 発表内容

第3回 口鼻臭臨床研究会で研究発表しました

2008年7月26日、27日の2日間にわたり札幌市で開催された第3回 口鼻臭臨床研究会で発表しました。

梅雨がない北海道はこの時期清清しい晴天で、会場の北海道大学の構内は花が咲き乱れていました。

生理的口臭に対する治療時の嫌気性菌の変動

                             ひぐち歯科クリニック 樋口 均也
[効果および考察]

生理的口臭に対する一連の治療により口腔内ガスは官能試験、BBチェッカーのいずれにおいても有意に低下し口臭の改善がみられた。

唾液検査についても安静時唾液分泌量、刺激時唾液分泌量、白濁、黄濁、沈殿の改善がみられた。舌苔および歯肉溝内の嫌気性菌についても有意に低下した。

以上の結果から、嫌気性菌と唾液の状況の改善により生理的口臭が改善されることが推測できた。

加えて、BANA分解活性を利用したBANAテストは口臭治療の効果を計る指標として有用であることが明らかとなった。

口鼻臭臨床研究会1