医療法人慶生会 ひぐち歯科クリニック

お問い合わせ
072-646-8445
 口腔外科

■食いしばり

舌をできるだけ前に出して鏡で観察してみてください。舌の側面や前方部がギザギザしていませんか。一部だけが膨れている場合は腫瘍(中には舌ガンも)の可能性がありますが、左右対称に全体的にギザギザしている場合は腫瘍ではありません。これは「歯痕」といって、歯の型がついてギザギザしているのです。巨舌症や水分代謝の異状による浮腫で歯の型が付く場合もありますが、食いしばりにより型が付く場合も多いのです。

次に左右のほほの粘膜(頬粘膜)も鏡で観察してみてください。ここにも歯の型が付いて前後に白く細く盛り上がった筋が付いているのではないですか。これも同じく「歯痕」といい、食いしばりから生じていると考えられます。

もう一つ歯の近くで歯から5mmほど離れた粘膜が硬く出っ張っていませんか。これは「骨隆起」といい、食いしばりにより歯に持続的に強い力が加わった結果、歯を支える骨が丈夫になり出っ張っているのです。

昼間に無意識に食いしばる癖があったり夜間に歯ぎしりしたりすると、歯が磨り減るだけでなくこのような変化が生じるのです。食いしばりによる変化はこれだけではありません。象牙質知覚過敏、楔状欠損、歯根破折、歯周病の進行、咬合性外傷、充填物の脱離、口内炎、顎関節症、舌痛症、ドライマウス、口臭、口腔顔面痛、呑気などとさまざまな問題を引き起こします。


口腔外科

 診療科目
 メニュー

医療法人 慶生会
ひぐち歯科クリニック
〒567-0817
大阪府茨木市別院町3-34
サンワビル2F
Tel : 072-646-8445


Copyright (c)
HIGUCHI DENTAL CLINIC Med Co