医療法人慶生会 ひぐち歯科クリニック

お問い合わせ
072-646-8445
 審美歯科

■歯の変色の原因は?

皮膚や髪の色が人それぞれ違うように、歯の色にも個人差があります。歯の色は元々白ではなく少し黄色がかっており、年齢とともに黄ばみが強くなっていくものです。しかしながら、これらの自然な生理現象とは異なる歯の変色があります。

一番わかりやすい外因性の変色としては、カレーやケチャップ、お茶、果汁など色素の強い飲食物やタバコのヤニがあります。これらが歯の表面に付着したり、内部にしみこんで変色が起こります。また、虫歯や銀の詰め物が原因で黒っぽく変色したり、磨きすぎや酸性の食品(酢など)によってエナメル質が溶かされて薄くなり、結果的に黄色っぽい象牙質の色が強く出てきてしまう場合もあります。いずれの場合も、歯の表面の着色はクリーニングで元の白さに戻りますが、内部までしみこんだものに対してはホワイトニングが必要になります。

また内因性の変色原因として、歯の神経を取ったり抗生物質の長期間にわたる服用、あるいはホルモン剤を内服した場合などが挙げられます。

院長著書『きれいな歯になりたい!』(共著)

 

 診療科目
 メニュー

医療法人 慶生会
ひぐち歯科クリニック
〒567-0817
大阪府茨木市別院町3-34
サンワビル2F
Tel : 072-646-8445


Copyright (c)
HIGUCHI DENTAL CLINIC Med Co